東京・神田にあるシステム開発会社 サイクスのスタッフブログ 若い方もそうでない人も絶賛募集中!!

sics

東京・神田にあるシステム開発会社 サイクスのスタッフブログ

このひとことbotは高性能AIで動いています(大嘘)

浅草土産

こんばんは、ライター田口です。

門松が自転車記事を更新してくれないので、今回もエンジニア吉田からのネタ提供です。ありがてぇ…。

さて皆さん、東京・浅草にある「神谷バー」をご存知でしょうか?

日本初のバーとして、明治13年(1880年)創業した老舗です。

神谷バー公式Webサイトより

その神谷バーの名物に、創業者神谷伝兵衛が作ったとされる、ブランデーが混合されたアルコール飲料「電気ブラン(デンキブラン)」というカクテルがあります。

太宰治の「人間失格」にも登場するそのお酒は、明治15年に誕生し、大正・昭和・平成を経て、令和になった今も多くの人に愛されています。

先日、吉田が差し入れてくれたお土産こそが電気ブラン(デンキブラン)のレーズンサンド。

なぜか幕張のNEWDAYSに売っていたそうです。

肝心のお味というと…人数分に足りなくて私は食べられませんでした。

「足りないなら諦めよう…」私が潔く辞退したのには理由があります。

実は、数週間前に神谷バーで本物の「電気ブラン」で飲んだばかりだから!

電気ブランとカミヤワイン
真ん中が電気ブラン、手前と奥のワインはカミヤワインという神谷バーのオリジナルワインです。

その味を思い出しひたすらレーズンサンドの味を妄想する私。

公式サイトによればジン・ワイン・キュラソー・薬草などがブレンドされているそうで、実際に飲んでみても一言で言い表せない複雑な味わい。

アルコール度数も30度となかなか手ごわいですね。飲みやすいですが、いつのまに酔っ払ってしまうやつです。

そういえば、唐十郎さんの戯曲「ビニールの城」にも神谷バーと電気ブランが登場するんですよね。舞台を見ていて、どんな味だろうと思ったことを思い出しました。

好みはあると思いますが、日本初のカクテルでもあるデンキブラン、ぜひ一度は味わってもらいたいなと思います。

お問い合わせはこちら

システム開発・webサイト(サービス)制作・運用についてお困りなら、お気軽にサイクスへご相談ください。

お問い合わせはこちら
たぐち

たぐち

コンテンツディレクター/ライター/ときどき総務
ゆるいオタクを自称するマルチな情報屋。
好きなもの:ねこ、ドアラ、立ち飲み、クラフトビール、ワイン、燻製

Pagetop